ハイスピード学習塾とは?

脳力開発(速読・記憶術)と学習塾を両立させ同時に向上させる学習塾です

これまで日本の学習方法は、塾や個別指導で勉強の解き方、勉強方法を教えるテクニックを重視したものが多く、実際に記憶する為に必要な「脳の力」を養う技術を取り入れるところがありませんでした。

近年、受験対策や講習・勉強方法のテクニックだけではなく、記憶の主となる個々の脳力そのものを高める事が注目されはじめ、多くの天才を生み出しております。

メディアでは「脳の活性化を広く取りあげられる」、「脳トレゲーム」など様々な形で身近に感じられるようになりました。

ハイスピード学習塾は、代表の保谷が、塾や個別指導で教わる技術的な勉強方法(学習方法)と脳の力を向上させる脳の活性化トレーニング(速読)の両立を早くから考え「基礎脳力を高めながら、効率よく勉強方法を学習できる」唯一の学習塾です。

当校の速読法は純粋の川村式速読です。

世の中には様々な速読法がありますが、歴史をたどれば新日本速読研究会の「川村明宏博士」にたどり着きます。

現在多くの速読学校がありますが、この川村博士が生み出した速読法が基本となっており、そこから形や方法を変え色々な流派が生まれています。

当校の代表である保谷は、川村明宏氏の直接のお弟子にあたり、なかでも長年にわたりNo1講師として活躍した経験豊富な人物で、ハイスピード学習塾で採用している脳力開発の速読は、日本で初めて「速読」を考案したジョイント式速読を純粋に受け継ぎ、見る力を鍛える眼筋力トレーニング・脳の処理速度を鍛える数々のトレーニングを実施しております。

ハイスピード学習塾では脳力トレーニングと同時に、脳の反射力を高めるための書き速度や計算速度を上げるトレーニングも行います。

また、速読力がある程度になると、速聴(数倍速以上で速く聞く)トレーニングや並行処理のトレーニング、記憶術を使ったトレーニングなど段階ごとに基礎能力のアップをはかり脳力を養っていきます。

脳力向上での他社との違いは?

「見てるだけで早くなります」という事をよく目にしますが、速読法はカリキュラム、実施方法、講師の進め方で成果は大きく変わります。

札幌ハイスピード学習塾はこのカリキュラムと講師技術の徹底化をはかり生まれた学習法になります

「ただ見るだけ」ではなく、その見せ方、見る時間、見た後の学習方法など最短でマスターできるように常に講師が個別に指導するシステムを取り入れております。

見せるだけ=「放置」をせず、基本に則る=「ジョイント式速読の純粋な方法」で実施、高い技術=「選ばれた講師」の採用が他社との絶対的な差を生んでいると自負しております。

その結果、当校の受講生は軒並み短期間で脳力を向上させ成績をアップさせる事に成功しております。

他校で成果があがらない・効果が無いなどでお困りの方は、まずは無料体験で、脳力開発と学習法の両立塾を体験し、当校の講師とお話して見ませんか?

脳力開発をする事でどうなるの?

覚える力=脳力を高める事で、塾や学校での学習時間で覚えられる、記憶する絶対量が大きく向上します。

人間の脳は繰り返す数が多いほど忘れず記憶されていきます。この「繰り返し」の速度を早めなければ効率良く吸収するのは難しいのです。

例えば、読書速度が速くなる生徒の多くはその後偏差値も比例し高くなる傾向にあり、難関中学・高校をクリアし、その後の授業で遅れを取ることが無くスムーズに授業を受け、部活や趣味などの時間も十分に取る事ができるようになります。

「1時間で1冊の本を一度読む」から「1時間で1冊の本を3度読む」脳力にする事で、1時間で3回の繰り返しができ、結果、人よりも「短期間で覚えられる」ようになります。

学校や家庭教師、塾で学んだ学習を短時間で何度も繰り返す事が出来るようになるのが「脳力開発」です。

脳力開発と勉強法の両立学習法の7つの訓練カリキュラム

読書10倍訓練

3ヶ月以内に読書速度を10倍に!

本を読む速度を上げるということは脳の活性化だけではなく「集中力を養う力」「短時間で読み返せる力」が身に付きます。

これは試験やテストなどで「問題文を読む時間が早くなり問題を解くスピードを上げる能力が向上」します。

主に記憶と読解力で回答する「国語・理科・社会」の3教科に短期間で大きな効果が期待できます。

教科書20回読み訓練

遅れを短期間で取り戻す!

カリキュラムの一つとして「教科書を読む」という基礎的なカリキュラムを用意しています。

これは利に適っている学習法で、学校の中間・期末・学力テストは「学校指定の教科書」の中から必ず出題されます。

この訓練では、脳力開発で鍛えた脳に、教科書の中身を全て覚えさせる訓練になります。

短期間で遅れていた科目を取り戻し、全教科の教科書を網羅していきます。

計算反復訓練

計算に強くなれる!

算数は問題を理解し、式を組み立て、計算を解かなければ正解にはなりません。

この訓練法は「計算をする速度を2倍、3倍と向上させ、短時間で計算ができるようになる為のカリキュラム」です。

これにより「少ない時間で何度も繰り返し覚える」力が身に付くだけでなく、「計算の似たタイプの問題をパターン認識できる」ようになり、「自然と応用問題も理解し計算・回答ができる」ようになります。

算数・数学の教科に効果を発揮します。

四回取得訓練

すぐに忘れない!

同じ問題を複数回、数倍のスピードで解き、向上した脳にしっかり記憶させる事を目的とした訓練です。

数倍の速度で解き、きめられた4回の繰り返しで完璧に内容を記憶し忘れる事のない覚え方を習得します。

一夜漬けやその場しのぎの記憶ではなく、しっかりと体に覚えさせることができる為、進学後の授業の遅れ防止、社会人になってからの知識の引き出しに非常に効果的です。

読み書き能力向上訓練

言葉の理解、記述ミスを無くす!

「書かないと覚えられない」と言いますよね?

「書く速度」を上げる事で、脳にインプットされる量は変化すると言われています。

このカリキュラムでは、書く速度を向上させ自然と解く速度を上げる事を目的としています。

テストや試験の解答記述や国語や計算の問題理解が上昇し、計算ミス、テスト問題内容のはき違いなどがなくなり、反復学習力の効果にも期待ができます。

2200英単語記憶訓練

英検・単検準1級レベル・TOIEC800の単語を習得

英語の点数を上げる基本は「単語」を覚える事。この訓練では、当校で実施する記憶術を用いて、大学入試までに必要とされる約2200の単語を読み・書きが出来るようにするカリキュラムです。

大学入試トップレベルの英単語力が身につけられ、英語の教科に絶大の効果を発揮します。

小学生、中学生の時点で英検1級を取る力を身につけることが可能です。

5分間学習訓練法

天才のルーティーンを学ぶ!

あまり勉強をした所を見たことがないけど、いつも成績が良い「天才」を目にしたことはありませんか?

人間の脳の集中力は何時間も続くもではありません。長く勉強したからといってそれが本当に効率が良いかというと実はそうではありません。

彼らのほとんどは「空き時間や隙間時間に集中的に脳を活性化させ物事を覚える癖」を自然と身につけているのです。

このカリキュラムでは、短時間で一気に脳の集中力を高められる癖を身につける訓練を行います。

これにより、反復繰り返しが身につくだけではなく、脳のON・OFFの切り替えがスムーズになり、記憶力・集中力UPに絶大の効果が現れます。

ハイスピード学習塾は学生・社会人・ご自宅の3プランをご用意

良くある質問

画面をただ見ているだけで良いのですか?
はい。ハイスピード学習法の速読は画面を見ているだけで大丈夫です。他のことを考えてもいいですし、話しながらトレーニングしても構いません。
読書のスピードは誰でも伸びますか?
はい。個人差はありますが、最初の3ヶ月間で読書速度10数倍を目指し、ほとんどの受講生が達成しております。また、3ヶ月以降も継続して訓練をしますので、最終的に20倍以上の読書速度まで到達させる所がほかの速読法と違う当校のメリットです。
本当に内容を理解できていますか?
ハイスピード学習法の速読法は飛ばし読み・斜め読みではなく、脳が即座に全体を捉えるようインプットする仕組みを養っていくカリキュラムがございます。理解度が落ちるということはございません。
速読は試験や入試に有利ですか?
はい。とても有利になります。ほとんどの受講生の傾向として初期段階で大きく変化が見られるのが、社会・理科・漢字・英単語・数学の方式などの記憶問題の点数の上昇、その後色々な応用や文法などがカリキュラムを実施する事で自動的に上昇していきます。
運動にも有利でしょうか?
はい。動体視力や脳の反射的運動に効果が出ます。例えば高速道路を運転後に一般道路を走ると、景色等がスローに見えますよね?これは一時的に脳が活性化され動体視力が向上している状態なのです。速読法を学ぶ事で、野球のボールが遅く見え打率が向上する等、運動・スポーツにおいてもとても有利です。

まずは無料体験で、速読を体験し、当校の講師と実際にお話して見ませんか?

速読無料体験に申し込む
札幌ハイスピード学習法に問い合わせる
札幌ハイスピード学習法に電話する

会社概要

会社名

株式会社コンベックス

学校名

ハイスピード学習法

代表者

保谷 和彦

設立

平成12年4月1日

本社

北海道札幌市豊平区月寒中央通9丁目3番37-2号

電話番号

011-859-3085

URL

http://sapporo.high-speed.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る